ふるさと納税で±0(プラスマイナスゼロ)の製品がもらえる。noma-style.comで復興支援を

ふるさと納税で±0(プラスマイナスゼロ)の製品がもらえる。noma-style.comで復興支援を

ふるさと納税は、自分のふるさとや現在住んでいる市町村以外にも、自分が支援したいと思う自治体に対し寄附として納税ができる制度です。
ふるさと納税で寄付した金額は住民税などの控除対象となるため、節税対策としても利用する方が多くいます。
寄付金で地方自治体の支援をすると、返礼品がもらえたり翌年の住民税を軽減する仕組みがあります。
最近はメディアなどでもよく耳にするふるさと納税ですが、まだ使ったことのない方も多いのが実情のようです。

ふるさと納税では、自治体に寄附をすると、各自治体がお礼の気持ちととして用意している返礼品をもらうことができます。
一般的には、米やお肉、果物など美味しい特産品がもらえるというイメージが強いのではないでしょうか。
各地自体が用意する返礼品はバラエティに富んでおり、その地域で製造される電化製品であったり、自分たちの住んでいる場所に遊びに来て欲しいという想いから送られる宿泊券などもあります。

また最近では、地震や台風、火事など甚大な被害を被った地域に対して、ふるさと納税を通じて支援する取り組みも行われています。
普段は仕事で忙しくて、ボランティア活動などをしたくてもできない方も、間接的にではありますが地域を応援する仕組みが確立されているのです。
ここ数年や十数年の間にも、東日本大震災を中心に日本中で大災害が起こって被災した地域がいくつもあります。
そういった地方自治体の復興への取り組みを応援しながら、節税もできるのでぜひ活用していきたい制度ですね。

noma-style.com(ノーマスタイル)での取り組みと協賛ブランドについて

noma-style.com(ノーマスタイル)という、ふるさと納税のウェブサイトを紹介します。

noma-style.comは、福島県南相馬市のNPO法人である相馬救援隊の活動を支援するために運営されています。
noma-style.comについては、下記のページでも詳しく解説しているので是非ご覧ください。
ふるさと納税で南相馬市の復興支援を。noma-style.comをご存知ですか?

震災による原発事故の影響で、一時期は帰宅困難区域にもなっていた南相馬市ですが、最近は徐々に復興してきているとは言え、まだまだ元のような市民生活ができていない状況が続いています。
南相馬市は福島第二原子力発電所の北部にあり、広大な面積を有し太平洋の海沿いに位置しています。
避難区域に指定されていたエリアは、震災から5年以上が経過した平成28年の夏に指定が解除されました。
原発からやや離れていることから、未だに避難指定地域になっている近隣地域からも、新展地を求めて移住をして家を建てる世帯も増えてきている現状です。
最近では新しい高校も開校されて、その校歌を歌手の長渕剛さんが手がけたことでも話題になりました。

甚大な被害をもたらしだ東日本大震災から数年が経ち、新しいスタートを切った南相馬市も、まだまだ支援の手が足りていません。
もともと地方自治体は、高齢化が進んでいることが問題視されていますが、震災によってさらに若い世代が根こそぎ県外へ移住してしまっています。
まだまだ復興には手助けが必要で、特に若年層がいなくなって高齢化した人たちをサポートする取り組みが急務となっています。

相馬救援隊の取り組みについて

相馬救援隊 福島県相馬地方の継続的・長期的な復興支援
noma-style.com(ノーマスタイル)を運営している相馬救援隊は、相馬志民と共にふるさと納税の使い道を考えながらあらゆる取り組みの財源として活用しています。
具体的には、住民帰還促進事業や地域の観光案内などに使われています。

特に地区の一部のみが避難対象地域となった小高区では、急激な人口減により医療や日常生活、コミュニティーを維持するのが困難になっています。
命をつなぐ緊急搬送の整備では、高度な設備が必要な患者をヘリコプターで搬送する体制作りに取り組んでいます。

高齢者・こどもたちの生活の足の確保では、小高地区に巡回バスを運行させるなど、様々な取り組みを市と連携して行っています。
こどもの教育・地域との交流では、児童数低下でコミュニケーションが減ったことを補い、地域の交流の機会を増やしています。
観光事業においては、馬事文化の伝統を持つ南相馬市で馬と触れ合う体験を行ったりしています。
南相馬市は、時代劇で馬に騎乗して戦をするようなシーンを撮影する場所としても、何度も選ばれているほどです。
そのような地元の観光事業においても、ふるさと納税の寄付金が活かされているのです。

ふるさと納税が、復興支援につながる

ニュースや新聞などで、震災の復興関連の記事を見ると、自分も何かできることはないかと考える方も少なくないと思います。
実際には自分の仕事をこなすことが精いっぱいで、なかなか慈善活動までは手が回らないと感じている方も少なくないはずです。
直接的にはサポートすることはできなくても、ふるさと納税という形であなた自身も南相馬市に貢献することが可能です。
日頃、一生懸命働いて納める税金の仕組みを利用して、復興支援をするのですから、自分の日頃の働きも報われる気がしませんか。

noma-style.comの取り組みに賛同する企業が多数

noma-style.comの復興への取り組みに、数多くのブランドが協賛しています。

ふるさと納税というと、その土地の農産物や畜産物をもらえるイメージも大きいですよね。
noma-style.comでは、直接的に地域に関係のある返礼品はありません。
すべて、世界的にも有名なブランドが手がける製品をもらうことができます。

協賛している数多くのブランド自体は福島県と直接の関わりがなくても、働いている人の中には福島県出身の方もスタッフとして含まれています。
しかし、出身地に関係なく被災した地域を何とかしたいという想いは、多くの人の共通認識ではないでしょうか。
その想いを企業として、ブランドとして後押しするというのは、素晴らしい心意気ですよね。

noma-style.comでは多く企業、ブランドが協賛していますが、その中から今回は家電・雑貨ブランドの±0(プラスマイナスゼロ)をご紹介したいと思います。

±0(プラスマイナスゼロ)

プラスマイナスゼロ ±0の公式サイト

シンプルで飽きの来ないデザインの中にも、洗練された雰囲気が部屋をオシャレに彩ってくれる人気ブランドです。
デザイン家電という考え方を確立させた存在である、と言っても過言ではありません。

デザインは深澤直人氏が担当していて「大人でももっと楽しめるものがあっても良いのではないか」という考えからデザインされています。
±0(プラスマイナスゼロ)は、もともとはタカラ(現タカラトミー)がメインで始まったプロジェクトです。
子供の頃に遊ぶおもちゃは楽しいものがあるのに、大人用の家電は味気ないということから楽しさがあるデザイン家電を考案しています。

日々の幸せ感をテーマにしているそうですが、家電で心も豊かになるのは素晴らしいですよね。
日本のメーカーでありながら、デザインにも使いやすさにもこだわって作られたアイテムが満載です。
以前は欧米のオシャレなレトロ家電を見て、そのデザイン性に憧れていた方も多いと思います。
日本の家電ってとても性能が良くて、壊れないので何十年経っても使えるものもあるほどですが、オシャレな感じはしないデザインのものが多かったですよね。
±0(プラスマイナスゼロ)は、しっかりした国内メーカーですから、洗練されていても作りも優秀です。
海外のオシャレな家電より、むしろ性能もデザインも優秀なので使って行くほどに愛着が沸きます。

キッチン用品では、カトラリーやマグカップ、コーヒーメーカーなども扱っています。

角型の食パンの形をした食パン皿は、ありそうでなかったデザインが素敵で使う程に愛着が増します。
普段はジャムやバターはそのままの容器で使っている方も、蓋つきの白磁容器に移し替えてみるとオシャレですね。

一般的なオーブントースターは、横幅が広いタイプがほとんどですが、縦型のデザインが洗練されていてコンパクトなので置き場所を取らないと人気です。
2段になっていて、トーストも2枚焼ける感じですし、デジタル式のタイマー部分も他には無いデザインで洒落ています。

インテリア・雑貨は、コードレス電話機やウォールクロック、洗面器などシンプルだけどオシャレなグッズが色々あります。

掃除・洗濯用品は、コードレスクリーナーやまとめ干しハンガーなどがあります。
コードレスクリーナーは特に人気で、GOLD AWARD 2015を受賞しているだけあってシンプルなのに味のあるデザインです。
軽量なのに高性能で、お掃除がとても楽しくなる逸品です。

季節・空調家電は、扇風機や加湿器、遠赤外線電気ストーブなどがあります。
扇風機は、補助翼がついていて乱気流を起こすことで、音の軽減や消費電力の低下も可能にしています。
真上を向かせることができるので、エアコンの撹拌や洗濯物の部屋干しなどにも活用できます。
また扇風機以外にも、最近はサーキュレーターなどの利用が増えていますが、シンプルな機能がゆえにデザインがいまいちなものが多いです。
±0(プラスマイナスゼロ)のサーキュレーターであれば、お部屋においてもインテリアとしても十分な機能を果たしますのでおすすめです。

今までに家電のデザイン性にこだわりたくて、ネットで検索をしていて±0(プラスマイナスゼロ)にたどり着いた経験がある方もいると思います。

一般的に凝り過ぎたデザインは飽きやすいと思いますが、シンプルなのにどこか他と違った形や色が使う程に愛着が沸くアイテムばかりです。
このこだわりを持った洗練されたブランドの家電や雑貨が、ふるさと納税の返礼品として選べます。
普段はどうしてもありきたりな家電に落ち着いてしまう方も、インテリアとしての家電や雑貨を見直してみませんか。

noma-style.comでは、±0(プラスマイナスゼロ)の単品やセットが返礼品で届きます。
セットの種類も色々あるので、気になったものをお試しで使ってみてはいかがでしょうか。

±0(プラスマイナスゼロ)の返礼品をご紹介

±0(プラスマイナスゼロ)が用意している返礼品の一部をご紹介します。

画像 品名 自治体名 寄附金額 在庫

±0(プラスマイナスゼロ)の商品を全てチェックする場合は、以下のリンクからどうぞ。
ふるさと納税でもらえる±0(プラスマイナスゼロ)まとめ

noma-style.com(ノーマスタイル)でお得に復興支援を

翌年の住民税を減税しながら、社会貢献できるnoma-style.comは利用価値が高いです。
畜産物や農産物のふるさと納税は、すでにお取り寄せを何度もして他に良い返礼品を探している方にも納得のラインナップです。

初めて返礼品をもらう方も、思わずリピートしたくなる逸品が勢ぞろいです。
食べ物はすぐに消費してしまいますが、オシャレなアイテムはずっと何年も使い続けられます。

南相馬市の方々の復興支援をしながら、素敵なアイテムをゲットできるのですからこんなに良いことはありません。
オシャレだけれど実用的なアイテムが欲しいと思っている方に、おススメなのが±0(プラスマイナスゼロ)です。
今まで気になっていたけれど、実際に使ったことが無いという方も、これを機会にお試しに使ってみてはいかがでしょうか。
ひとつひとつの家電や雑貨のデザインにこだわると、今までの部屋とは思えないくらいスタイリッシュに変わります。

今まで家電や雑貨は性能や安さだけにこだわってきたという方も、ふるさと納税で人の役に立ちながら、生活が豊かになる家電をゲットしましょう。

ふるさと納税 南相馬市をファッションで支援 noma-style.com

まとめてみた

  noma-style.com , ノーマスタイル , プラスマイナスゼロ , 家電製品 , 復興支援 , 相馬救援隊

作成者:

最終更新日:2017年04月21日