ふるさと納税でもらえるダイソン製品をまとめてみた

ふるさと納税でもらえるダイソン製品をまとめてみた

人気家電ブランドのダイソン製品は、本社をイギリスに構える電気機器メーカーです。
サイクロン掃除機をきっかけに日本国内でもかなり有名になりました。
そのデザインにとても注目が集まります。
そのスタイリッシュな見た目は、家電にあまり興味がない方でも惹かれてしまうほどです。

画像引用元:ダイソン (企業) – Wikipedia

ダイソンの圧倒的な機能とデザイン美

ダイソンの圧倒的な機能とデザイン美

ダイソンは元々デザインよりも技術力の高い企業です。
どうしてもデザインの方にばかり注目されてしまっているので、そのようなイメージを持つ方は少ないでしょう。
社内にはデザイナーが不在で、その代わりにデザインエンジニアという職種が存在しています。
これは、デザインの部署とエンジニアの部署を統合してできたものです。
つまり、デザインエンジニアは技術とデザインの両方の知識を持った職種なのです。
これにより、高い技術力とデザイン美を兼ね備えた製品が生まれます。

ダイソンが見た目だけではなく、高い技術を持った製品を世に送り出していることは、製品を見れば一目瞭然です。
サイクロン掃除機に利用されているダイソンデジタルモーターやサイクロンテクノロジー、ボールテクノロジー、ソフトロールクリーナーヘッド、ロボット掃除機に用いられている360°ビジョンシステム、扇風機やドライヤーで使われているエアマルチプライアーテクノロジーやヘルムホルツ式空洞に、360°グラスHEPAフィルターなど、数多くの新しい最先端技術が導入されていることがわかると思います。

憧れのダイソン商品がふるさと納税でもらえる

憧れのダイソン商品がふるさと納税でもらえる

ふるさと納税の返礼品で高価な家電製品がもらえることが注目されていますが、中でも特に人気がある製品の1つがダイソン製品です。
吸引力の変わらない掃除機や、羽根のない扇風機などが話題を呼んでいます。

ふるさと納税で手に入るダイソンの返礼品は、掃除機をはじめ、空気清浄機能付きファンヒーター、コードレスクリーナー、ドライヤーなどがあります。普段はなかなか手がでないダイソン製品も、こういった機会になら手が届きそうです。還元率も50%近くのものがありますので、ふるさと納税の返礼品の中でも高い還元率を誇ります。かなりお得に手に入れられるでしょう。

ダイソン製品をふるさと納税の返礼品として手に入れようとした場合、いくつかの自治体の返礼品として用意されています。

だだし、2018年9月11日に野田聖子総務相が返礼品に関する法規制の方針を示したことから、今後なくなる可能性が大きくなっています。
ダイソン商品をふるさと納税でゲットしたいと考えている人は、早めの申請をおすすめします。

参考:ふるさと納税見直しへ 高額返礼は優遇除外:日本経済新聞

一躍有名にしたダイソン掃除機

ダイソンは今や超有名電気製品メーカーですが、その名を一躍有名にしたのはやはりあの掃除機です。
「吸引力が変わらないただ一つの掃除機」という言葉は記憶に新しいです。
この新しい掃除機は、サイクロン技術を搭載した掃除機で、強い吸引力とスタイリッシュなデザインが人気の秘密でもあります。

まず、搭載されているダイソンデジタルモーターは小型で軽量であるにも関わらず、パワーが大きいのが特徴です。
電流の切り替えをデジタル制御するなどしてそのパワーの維持をしています。
さらに、サイクロンテクノロジーでは吸い込んだゴミを内部で高速回転させることにより、遠心力を使ってゴミを分離するという技術を用いています。
その結果、空気とゴミを分けられるので、排出される空気がクリーンになるのです。

掃除機本体のダイソンボールテクノロジーは、本体をボール型にすることで、安定感を維持できます。
また、モーター音や振動も吸収してくれるので、騒音も軽減されます。
さらにヘッド部分にはフラフィ(ソフトロールクリーナーヘッド)が搭載されています。
これは、ナイロンフェルト製のローラーで、あらゆるゴミをノズルを浮かせずに巻き込むことができます。
ローラーにはモーターも配置されており、直接回転することによりさらにゴミの吸引率を高めています。

このように、見た目だけではなく、高い技術力を集結したアイテムのおかげで、ダイソンの知名度は一気に高まりました。

今一番人気のダイソンのドライヤー

ダイソンはサイクロンクリーナーや扇風機だけではなく、今やドライヤーの販売も進めています。
一般的なドライヤーと比べるとかなり高価な価格設定となっていますが、それでも人気アイテムとなっているのはなぜでしょうか。

まず、その見た目、デザイン性です。
いろいろとユニークなデザインの家電を最近は見かけますが、ダイソンのドライヤーは最先端のデザイン美があります。
もちろんその魅力は見た目のデザインだけではありません。
羽根のない扇風機をコンパクトにまとめたような見た目の印象ですが、風量は大変強くて大変使い勝手が良くなっています。
大風量ではあるものの、通常のドライヤーと変わらぬ音なのもポイントです。

また、機能面も充実しており、過度の熱に弱い髪の毛をダメージから守ってくれます。
これは、温風を毎秒20回測定することで、安全性を保ってくれています。
取り外し可能なアタッチメントはマグネット式で、360°回転するので、好みの位置に取り付け使用することができます。
風速の調整は3段階で調整ができ、温風の温度は28~78度まで4段階の調整が可能です。
これらの調整機能により、急いで乾かしたい場合でも、ゆっくりスタイリングしたい場合でも利用できます。
マイナスイオンを発生させることにより、髪の毛の静電気を抑えることも可能です。
ネットで購入した場合には送料無料で、2年間のメーカー保証が付いているのも安心できるポイントです。

再び常識を覆した1基三役の空気清浄機付きファンヒーター

ダイソンから発売されている空気清浄機能付ファンのピュアアンドクールは、またまた常識を覆す製品として話題を呼んでいます。

ピュアアンドクールの空気清浄機としての機能で注目すべきは、PM0.1レベルの非常に微細な粒子でも、99.95%除去できるという点にあります。
自動でここまでの性能を発揮してくれるので、空気の汚れはもちろん、花粉症対策としてもかなり高い効果を発揮してくれます。
PM0.1レベルというと、髪の毛の直径の1/1000といったサイズですので、ピュアアンドクールがいかに小さい汚れを逃さないかということがわかります。
ここまでの性能であれば、花粉はもちろんバクテリアやカビ、工場排気や車の排気ガス、さまざまな臭いやウイルスなど、そのほとんどが除去できてしまいます。
一般的な空気清浄機では除去しきれない有害物質も、ピュアアンドクールならしっかり捉えてくれます。

ピュアアンドクールがどうしてそこまで微細な粒子を除去できるかというと、360°グラスHEPAフィルターのおかげです。
360°全方向から空気を吸い込めるようになっていて、吸い込んだ空気は機密性の高いゴム製のフレームにより漏れることがありません。
内部には活性炭フィルターがあるので、臭いレベルの除去も行うことができます。

こうした高い空気清浄機機能だけではなく、冬は暖かい空気を、夏はパワフルな風を送り出すことができるダイソンのピュアアンドクールは、今もっとも注目されている家電の一つです。

また、空気清浄機はついていませんが、夏は扇風機、冬はヒーターとして利用可能な「Dyson Hot+Cool」も販売されています。

昔は、物置から扇風機、寒くなる頃にファンヒーターを取り出すなど洋服と同様に衣替えが必要でしたが、ダイソンのホットアンドクールがあれば、年中リビングに出して置いても大丈夫ですね!
ダイソンの考える商品は、イノベーション的の発想の商品が多数ラインナップされています!

ダイソン商品をふるさと納税でもらう場合は早めの申請がおすすめ

前述でも記載していますが、今後、ダイソン商品がふるさと納税の返礼品が消える可能性は十分にあります。
もし、現在ふるさと納税でダイソンをもらおうと考えている方は、なるべく早めの申請をおすすめします。

誰もが羨む圧倒的な機能美とデザイン美をもつダイソン商品をぜひゲットしてください!

「ダイソン」の一覧をチェック

おすすめ返礼品

  Dyson , ダイソン , ドライヤー , 掃除機 , 空気清浄機

作成者:

最終更新日:2018年09月13日