ふるさと納税で年収2,000万円(控除上限50万円)以上の人におすすめの返礼品をまとめてみた

ふるさと納税で年収2,000万円(控除上限50万円)以上の人におすすめの返礼品をまとめてみた

年収が3,000万円以上の方におすすめの返礼品を集めてみました。

ふるさと納税は、寄附金額に応じて所得税や住民税が控除の対象となります。
ただし、その控除額には上限額があり、年収が増えれば増えるほど控除額の上限も大きくなります。

全額が控除となる寄付金額はいくら?

年収が2,000万円となると、だいたいの目安として45~52万円の寄付まで全額控除の対象となり、実質2,000円で豪華な返礼品がもらえます。

以下は、2,000万円前後の年収の方の控除上限額の早見表です。

ふるさと納税を行う方本人の給与収入 ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き 夫婦又は共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
1600万円 424,000円 412,000円 408,000円 400,000円 396,000円 384,000円
1700万円 458,000円 446,000円 442,000円 435,000円 430,000円 419,000円
1800万円 493,000円 481,000円 477,000円 469,000円 465,000円 453,000円
1900万円 528,000円 516,000円 512,000円 505,000円 500,000円 489,000円
2000万円 564,000円 552,000円 548,000円 540,000円 536,000円 524,000円
2100万円 599,000円 587,000円 583,000円 576,000円 571,000円 560,000円
2200万円 635,000円 623,000円 619,000円 611,000円 607,000円 595,000円
2300万円 767,000円 754,000円 749,000円 741,000円 642,000円 631,000円
2400万円 808,000円 795,000円 790,000円 781,000円 776,000円 763,000円
2500万円 849,000円 835,000円 830,000円 822,000円 817,000円 804,000円

※引用元:総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|税金の控除について

実際の控除額上限については、配偶者の有無の他に各種保険料や住宅ローン控除などによって変わってきます。
もう少し正確な控除額が知りたい方は、以下のリンクなどにあるシミュレーションを使って計算してみてください。

控除シミュレーション

では、上記の控除額を目安に、年収2,000万円以上の方におすすめする返礼品をご紹介します。

年収2,000万円以上の方は、返礼品はハイクラスのものばかり

霜降り肉
前述の通り、年収2,000万円以上の人は約50万円が控除の対象となります。

一般的には返礼品は還元率でいうと30%前後のものが揃っています。
通常購入の金額にすると、だいたい15万円前後です。

また、ふるさと納税で控除される金額の上限は、1つの返礼品に対してではなく申請したすべての返礼品を合算した金額で計算されるため、寄付金が50万円の場合は返礼品を複数選ぶのも良いでしょう。

ふるさと納税では、多くの特産品が揃っており、米やお肉や野菜、魚介類になると本当に美味しいものばかりです。
自治体も地元PRの機会になるため、中途半端なものなどなく自信をもって提供してくれるものばかり。

しかも、15万円前後に該当する商品になるので、いずれもハイクラスの返礼品ばかりです。

今回する紹介する返礼品は、50万円前後の寄付金が必要なものを集めてみました。
返礼品選びの参考にしてみてください。

なお、年収が3,000万円向けの返礼品については以下のページでまとめていますので、こちらも参考にしてみてください。
ふるさと納税で年収3,000万円(控除上限100万円)以上の人におすすめの返礼品をまとめてみた

 

佐賀牛満喫セット 極上ヒレステーキを含む最高級ブランド佐賀牛

寄附金額は50万円です。

佐賀牛と言えば、最高級ブランド牛の1つです。
佐賀県農業協同組合管内の肥育農家で育てられている黒毛和種で、肉質等級は5~4、BMSはNo.7以上となるものが、佐賀牛として認定されます。
そのため、佐賀県内から出荷される牛でも佐賀牛としての格付けがされるのは半分程度しかなく、全国的にもてもかなり人的基準が厳格です。

そんな厳格な審査を通過した佐賀牛の中でも、希少部位である佐賀牛ヒレステーキをはじめとするお得な定期便佐賀牛セットがおすすめです。

全部で6.6kgとなるため全4回の定期便で毎月お届けします。
内容は以下の通り。

1回目 佐賀牛ヒレステーキ200g×6枚
2回目 佐賀牛ロースステーキ200g×8枚
3回目 佐賀牛ロース しゃぶしゃぶ・すき焼き用(500g×4セット)
4回目 佐賀牛ロースステーキ200g×4枚、佐賀牛ロースすき焼き・しゃぶしゃぶ用1.0kg

牛肉が大好きという方は、ぜひチェックしてみてください!

詳細はこちら

日本海の海の幸定期便「松」(12ヶ月)

寄附金額は50万円です。

牛肉は好きだけど、海鮮のほうがもっと好き!という方は、こちらがおすすめです。

日本海でとれた新鮮な魚介類を毎月1回、詰め合わせにして送ってもらえます。

また、定期便は細かい金額で複数の返礼品を選ぶのが面倒という方におすすめです。
しかも、分割で送られてくるため多すぎて食べきれないということもありませんし、1月に1回だと飽きもきません。
何より旬の食材が毎月送られてくるというのはとても楽しみですよね!

内容は、以下の通りです。

配送量の目安

・2月~9月 鮮魚 9~10人前(5~10種類詰合せ)
・10月 香住がに 約500-600g×4~6枚
・11月 せこがに(大~特大) 6~10枚
・12月 松葉がに 約400g×1枚 + せこがに(大~特大)3枚 + 香住がに 約500-600g×1枚
・1月 松葉がに 約400g×2枚

(6~8月は定置網漁中心)
タイ・ハマチ・スズキ・ガシラ・メバル・イサキ・トビウオ・コチ・アジ・カワハギ・スルメイカ・シロイカ・コウイカ・サザエなど
(9月~10月は底引網漁中心)
カレイ・ハタハタ・ニギス・アンコウ・タラ・ドギ・カワハギ・タイ・ハマチ・スルメイカ・サザエ・バイ貝など 
(10月~翌1月はカニ漁中心)
松葉がに・せこがに・香住がに(紅ずわいがに)
(2月~5月は底引網漁中心)
カレイ・ハタハタ・ニギス・アンコウ・タラ・ドギ・カワハギ・タイ・ハマチ・スルメイカ・サザエ・バイ貝など 

少し注意が必要なのは、新鮮なものを送り届けるということで基本は下処理はしないそうです。
下処理をお願いする場合は、きちんとその旨伝えるようにしてください。

日本海の荒波で育った新鮮なお魚が毎月食べられるなんて羨ましい限りです!

詳細を見る

【定期配送】田伝むしのササニシキ白米20kgx5回(栽培期間中農薬・化学肥料不使用)

寄附金額は50万円です。

お肉ときたら、やっぱり次はお米ですよね。
お米はいくらあっても困るということはなく、あっと言う間になくなってしまうご家庭が多いでしょう。

その中でもおすすめするのは、「田伝むしのササニシキ白米」の定期配送です。
田伝(でんでん)むし』というユニークな名前は、宮城県石巻市にある無農薬ササニシキの専門店の名前です。

無農薬ササニシキの専門店 田伝むし

『田伝むし』の公式サイト
出典:http://www.denden999.com/

無農薬といえば、聞こえがよく安全面でかなり配慮されていますが、その分作るのもかなりの労力が必要です。
それでも、『子供たちに安心して食べさせられるお米を作ろう。』という思いから、無農薬にこだわり続けています。
そうして苦労して作ってくださった田伝むしのお米、しかもササニシキを100kg(20kg☓5回)もらえるというのですが嬉しい限りですね。

季節や保管方法にもよりますが、冷暗所に保管すればお米の賞味期限はだいたい1~2ヶ月くらいなので、20kgであれば消化できるご家庭がほとんどじゃないでしょうか。
また、自分で重いお米を買って帰らなくてすむというのは、地味に嬉しいですね。


定期配送】田伝むしのササニシキ白米20kgx5回(栽培期間中農薬・化学肥料不使用)

デオロギ 全自動エスプレッソマシン

寄附金額は50万円です。

De’Longhi(デロンギ)をご存知でしょうか?
デオロギは、ハイスペックの家電製品を数多く排出しているイタリアの家電メーカーです。
日本ではオイルヒーターや本格コーヒーを楽しむことのできるコーヒーメーカーなどで知られています。
デオロギの家電は、日本のような省エネ家電ではなくイタリアらしくお洒落なデザインが印象的です。
そのため、デオロギの家電があると、生活ステータスが1つ上のようなイメージをうけます。

そんな憧れのデオロギですが、そのデオロギにあって自宅でコーヒーメニューを楽しめる最もハイスペックな機能を搭載したフルスペックモデルの全自動エスプレッソマシンは注目です。
カフェ顔負けのメニューバリエーションが用意されており、いつでもカフェに負けない味わいのあるコーヒーが楽しめます。

カフェ顔負けの豊富なメニュー

出典元:http://shop-casa-delonghi.com/SHOP/0132215305.html

コーヒー好きには必須アイテムと言っても良いぐらい手元においておきたいコーヒーメーカーです。

詳細を見る

ダウンプロフェッサーが選ぶ!オリジナル羽毛ふとん

寄附金額は50万円です。

羽毛ふとんといえば、羽毛の種類により大きく値段が違うことで知られています。
一般的なランクでいうと以下の通りです。

最高級 アイダーダックダウン
高級 マザーグースダウン
中級 グースダウン
下級 ダックダウン

掛ふとんの好みもあるので、必ずしも最高級のアイダーダックがもっとも良いというわけではありませんが、アイダックとマザーグースの羽毛ふとんは、グース、ダックと比較するとその軽さや保温力は段違いに優れています。

ただ、高価な布団があなたの体質や用途に合うとは限りません。
布団をかけたときに軽すぎると落ち着かないとか、好みは千差万別です。

そんなあなたのために「ダウンプロフェッサー(羽毛診断士)」に相談しながら、自分にぴったりの羽毛ふとんを作れると聞いたらいかがですか?
羽毛診断士とは羽毛に関する専門知識を学んだ羽毛のプロフェッショナルのことで、お客さまの希望を聞いた上で最適な羽毛ふとんの提案ができる方々です。
羽毛ふとん診断士について | 日本羽毛ふとん診断協会

羽毛ふとん選びに苦労している方は、ぜひプロに相談してみませんか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】U-01 プロが選ぶ!オリジナル羽毛ふとん
価格:500000円(税込、送料無料) (2018/11/28時点)

各種商品券やギフトカード、オンラインポイント

日本旅行ギフトカード

ふるさと納税の意義に反すると批判があがることの多い商品券ですが、それでも納税する側からするとやっぱり嬉しい返礼品であることには変わりありません。
2019年以降は返礼品から姿を消してしまう可能性が高い商品券ですが、2018年はなんとか返礼品として残りそうな様相です。

ただ、総務省は返礼品の指針を30%以下で家電や商品券など資産価値の高いものは避けるべきと要望しています。
そのため、商品券を返礼品として用意している自治体は目をつけられる可能性が多いにあり、いつ返礼品から姿を消してもおかしくありません。

ふるさと納税の返礼品を商品券やオンラインポイントに絞った方は、早めに申請するようにしましょう。

商品券などは、寄付金額にいくつかの価格帯をもたせています。
そのため、控除額上限に合わせて寄附金を調整しやすいというのも大きなメリットと言えるでしょう。

50万円以上の商品券を見る

GDOゴルフ場予約クーポン

GDOゴルフ場予約クーポンのイメージ

利用する方や場所が少し限定されてしまいますが、ゴルフダイジェストオンライン(GDO)のゴルフ場予約サイトで利用できるクーポンです。

ゴルフに行かれる方は利用したことが多いと思いますが、ゴルフ場予約サイトとして主要サイトの1つです。

なお、寄付先気の自治体が返礼品として用意しているGDOゴルフ場予約クーポンは、利用できる場所が決まっているので注意が必要です。

各クーポンの詳細画面を見て、利用可能なゴルフ場がどこか必ずチェックするようにしてください。

GDOゴルフ場予約クーポンはこちら

有名店で利用できる「ふるなびグルメポイント」

ふるさと納税ふるなびグルメポイントTOPページ

ふるなびグルメポイント公式サイト
出典元:https://gp.furunavi.jp/

こちらは、通常のふるさと納税と趣が異なり、ふるさと納税サイトの「ふるなび」が提供しているサービスの1つです。
ふるさと納税をすると自治体が用意している返礼品を貰えるのが一般的ですが、こちらはポイントがもらえます。
このポイントは、提携している有名店で1ポイント=1円で利用できます。

「どうしてこのサービスがふるさと納税となるの?」ということですが、このサービスが以下のような仕組みになっているためです。

・グルメポイントは、ふるなびと提携済みの自治体に対し寄附することで受け取れる
・ポイントが使えるお店は、寄附した自治体(地域)の特産品を使ったメニューを食べることができる

つまり、寄附することで得る返礼品の代わりに、お店で食事を頂くことができるわけです。

しかも提携しているお店は、有名店、人気店が揃っています。
例えばですが、「三重県明和町」に寄附した場合、「松阪牛 よし田」は、東京タワーやスカイツリーを一望することができる極上のシチュエーションです。

松阪牛 よし田のTOPページ

「松阪牛 よし田」のサイトキャプチャ
出典元:http://www.matsusakaushi-yoshida.jp/

もちろん料理に関しても、一流の食を求めるお客をターゲットとしているので言うまでもなく絶品のものばかりです。
その他にも世界3位のステーキとして評価を得たことのある「築地 さとう」など、一度は行ってみたい名店に名を連ねるようなお店ばかりが並んでいます。

詳しい説明については、実際に「ふるなびグルメポイント」を運営している「ふるなび」の担当者の方にお伺いした記事を作成していますので参考にしてみてください。
『ふるなび グルメポイント』について中の人の話を聞いてきた

なぜこ年収2,000万円以上の方のグルメポイントをおすすめ返礼品として選んだかというと、主には以下の理由です。

ポイントの有効期限ない
寄付金が2,000円刻みで調整でき寄付金の上限はなし
12/31の納税まで、年内のふるさと納税として処理される
ポイント利用できるお店が主要都市の有名店ばかり

実は、年収2,000万円以上の方以外にもおすすめの理由ばかりです。
ただ、高所得者であればあるほどこれらのメリットをより享受できます。
ふるなびの担当者の方のお話では、過去には数百万をグルメポイントサービスで寄附した方もいらっしゃったようです。

実際に利用した方の中には、「社員のねぎらいのために利用した」など自分だけでなくお店に一緒に行く人のことを考えて返礼品に選ぶ方も多いとのこと。
食事できるお店は本当にお洒落でおすすめのお店ばかりなので、デートなどカップルで行くのも良いでしょう。

外食が多い方や目一杯お得にふるさと納税をしたいという方は、ぜひ検討してみてください。

ふるなびグルメポイント

返礼品は選びたい放題

年収が2,000万円を超えるかたであれば、自治体が用意している数多くの返礼品のほとんどが選べます。
前述でご紹介した寄付金が高くハイスペックの返礼品を選ぶ以外にも、複数の返礼品と合算して控除額上限まで選ぶという方法もおすすめです。

自分が欲しいと思う返礼品をじっくり探して、ぜひお得にふるさと納税をしてみてください。

50万~100万円返礼品一覧
30万~50万円返礼品一覧

まとめてみた

  50万円 , 定期便 , 年収 , 高額

作成者:

最終更新日:2018年12月18日